ラビプレAPGラインお試しセット内容は?手軽にライン使いを体験してみませんか?

cosme

ラビプレAPGラインお試しセット内容は?手軽にライン使いを体験してみませんか?

『ラビプレ(ラヴィプレシューズ)APGライン』のお試しトライアルセットを注文すると、「APG化粧水」「 APG乳液」「 APGクリーム」の3アイテムが「7回分(全21袋)」が届きます。

それぞれの容量は以下の通りです。

- APG化粧水(3ml)
- APG乳液(2ml)
- APGクリーム(1g)

3アイテムを同時にお試しすることができるので、ライン使いの相乗効果も期待できます。

『ラビプレ(ラヴィプレシューズ)APGライン』をライン使いすることで生まれる相乗効果を簡単にご紹介しますね。

「APG化粧水」は、自然由来の3つの美容成分がこわばり肌にうるおいを与えてしっとり肌へ導いてくれます。

「APG乳液」はお肌の奥まで浸透して柔らかくし、「APG化粧水」のうるおいを閉じ込めてる役割をしています。また、メイクが崩れるのを防ぐ役割もしてくれます。

「APGクリーム」は簡単にお肌に浸透させることできます。また、「化粧水」「乳液」で与えた水分と栄養が逃げないようにフタの役割もしてくれます。

フタをすることで、保湿できる時間が長くなり、乾燥によるお肌のトラブルが軽減されるはずです。

なお、「APG」というのは3つの美容成分の頭文字をとったもので、これらの美容成分が『ラヴィプレシューズAPGライン』の主成分となります。

3つの美容成分については、もう少し下で詳しく紹介しますね。

 

『ラヴィプレシューズAPGライン』でライン使いの相乗効果を実感してみませんか?

↓↓↓

【ラビプレ A.P.G.Line】トライアルセットの詳細は公式サイトからご確認いただけます。

ラビプレ(ラビプレシューズ)APGラインの美容成分について

『ラヴィプレシューズAPGライン』は以下3つの美容成分が配合されています。

  •  A(APセラミド)
  •  P(プロテオグリカン)
  •  G(グリチルリチン酸)

<美容成分ごとの役割について>

「APセラミド」は、角質層のうるおいをヴェールで覆うことでしっとり感が持続できるお肌へ整えてくれます。

「プロテオグリカン」は、高い保湿力で角質層の奥へうるおいを届ける働きをします。

「グリチルリチン酸」は、外部からの刺激を和らげお肌の表面を守る働きをしています。

3つの美容成分の相乗効果により、美容成分を浸透しやすく整え、お肌の奥深くの潤いを逃さないように保湿することで、こわばり肌を和らげて艶やかでうるおいのあるお肌へと導いてくれるんです。

 

驚異的な保水力をもつ美容成分プロテオグリカン

『ラヴィプレシューズ』に配合されている成分の中で特に注目されているのが、保水力抜群の「プロテオグリカン」です。

「プロテオグリカン」は鮭の鼻軟骨から抽出される、美容成分となります。

保水力は、ヒアルロン酸やコラーゲンよりも断然高く、お肌の中の水分と結合することで潤いを長く保たせる効果もあったりと、保水力に長けた成分となります。

『ラヴィプレシューズ APGライン』は、驚異的な保水力をもつ「プロテオグリカン」が配合されているので、保水力・うるおいの効果が期待できるものとなります。

 

ラビプレ(ラビプレシューズ)APGラインの使い方と成分

『ラビプレシューズ』のAGPラインにある「化粧水」「乳液」「クリーム」の3アイテムの使い方と成分についてご紹介します。

注意点やポイントなども調べてみましたので、あわせて参考にしてみてくださいね。

 

APG化粧水の使い方と成分

<使い方>

洗顔後、「APG化粧水」をコットにたっぷりと付けます。

お顔の下(顎付近)から、頬のあたりまで優しく馴染ませるイメージでコットンを滑らせてあげましょう。

特に乾燥が気になる部分は、コットンでパックしてあげると効果的です。

<注意点>

化粧水を直接手につけてしまうと、化粧水が手になじんで水分を吸収してしまうのでコットンを使用することをオススメします。

<APG化粧水の全成分>

●APG化粧水/[配合全成分]

水、BG、エタノール、グリセリン、水溶性プロテオグリカン、カンゾウ根エキス、リンゴ果実エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、PEG-60水添ヒマシ油、パルミトイルペンタペプチド-4、PCA-Na、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、アセチルヒアルロン酸Na、セリン、バリン、ポリソルベート20、プロリン、トレオニン、イソロイシン、フェニルアラニン、ヒスチジン、ソルビトール、カルボマー、フェノキシエタノール、香料

出典:ラヴィプレシューズAPGライントライアルセット公式ページ http://laviepre.co.jp/apg/lp001/index-trial.html

 

APG乳液の使い方と成分について

「APG化粧水」を馴染ませたら、次は化粧水をお肌の中に閉じ込めるために「APG乳液」を使います。

<使い方>

お顔の5か所(顎、鼻、両頬、おでこ)につける分だけ手に出します。鼻を中心とし、こめかみに向かって外側にリフトアップするようにのばしてあげましょう。

※お顔につけても手のひらに残っている場合は両手で温めてあげてから、お顔につけてあげると効果的です。

<注意点>

力はいれないよう気をつけましょう。

あくまでも滑らせるイメージでお顔に馴染ませてあげるのがポイントです。

<APG乳液全成分>

●APG乳液/[配合全成分]

水、BG、グリセリン、スクワラン、水溶性プロテオグリカン、カンゾウ根エキス、グリチルリチン酸2K、リンゴ果実エキス、酵母エキス、水溶性コラーゲン、オウゴンエキス、レシチン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アルギニン、オレイン酸ポリグリセリル-10、キサンタンガム、アラントイン、加水分解キシラン、オリザノール、カルボマー、フェノキシエタノール、エタノール、香料

出典:ラヴィプレシューズAPGライントライアルセット公式ページ http://laviepre.co.jp/apg/lp001/index-trial.html

 

APGクリームの使い方と成分

お顔に「化粧水」、「乳液」を染み込ませたら、最後は水分と栄養が逃げないよう「APGクリーム」を使ってコーティングしてあげましょう!

<使い方>

クリームを手のひらにとったら、人肌程度に温めてあげましょう。

そこから、お顔の5か所(顎、鼻、両頬、おでこ)に少しずつ付けてあげます。

乳液と同じようにリフトアップするようなイメージで馴染ませていきます。

この時、お肌で気になっている部分があるようなら、重ねてつけてあげると効果的です。

<APG乳液の全成分>

●APGクリーム/[配合全成分]

水、BG、グリセリン、水添ポリデセン、ステアリン酸PEG-5グリセリル、セタノール、ベヘニルアルコール、水溶性プロテオグリカン、カンゾウ根エキス、グリチルリチン酸2K、リンゴ果実エキス、プラセンタエキス、PEG-60水添ヒマシ油、アルガニアスピノサ核油、水添ポリイソブテン、ステアリン酸、エチルヘキシルグリセリン、ミリスチン酸、キサンタンガム、カプリル酸グリセリル、ラウレス-7、ポリアクリルアミド、ジメチコン、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、エタノール、香料

出典:ラヴィプレシューズAPGライントライアルセット公式ページ http://laviepre.co.jp/apg/lp001/index-trial.html

 

今回は『ラビプレシューズAPGライン』のお試しトライアルセットをご紹介させていただきました。

いつ終了するかわからないキャンペーンです!

『ラビプレシューズAPGライン』に興味がある方や、化粧品をライン使いしてみたいという方には、是非お試しください!

↓↓↓

【ラビプレ A.P.G.Line】トライアルセットの詳細は公式サイトからご確認いただけます。

-cosme
-, , , , , , ,

© 2021 ビューコス〜美容や健康について発信するブログ〜 Powered by AFFINGER5